« まだまだ | トップページ | Yackyの遠吠え »

2006年1月29日 (日)

狼の遠吠え

空風を見つめる 揺らぎない眼差し
蒼い雪原に流れる 白い獣の息

灰白色のしなやかな躰 
彼らは 一様に空へ向かい 声を上げる
希望を 喜びを そして悲しみを

なぜか私には その声が故郷を偲んで
泣いている声に聞こえる

あの雪原を返せと 
この惑星を返せと 

                         こてつ

|

« まだまだ | トップページ | Yackyの遠吠え »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。