« ぐがぁぁぁぁ | トップページ | 赤い靴日記~その5 »

2008年3月20日 (木)

赤い靴日記〜その4

上大岡『ひまわりの郷』での舞台を使った稽古でした
実寸で動きをつけての稽古ですが、音楽も入り益々臨場感が増しています

稽古中僕はセリフを言いながら つぃ大きな動きを入れてしまい
朗読劇というのを忘れてます ルール違反です!

朗読劇は観客の想像力を大事にして、役者の芝居は最小限に抑えるのです

手強いですが面白いっす 朗読劇!

|

« ぐがぁぁぁぁ | トップページ | 赤い靴日記~その5 »

コメント

あーーー、そうなのですね!
朗読劇って、どう違うんだろうって思っていました。
単に朗読するだけなのかしら、とか・・・
なるほどー、観客の想像力を最大限に生かす、のですね。
ありがとう、yackyさん

投稿: 得名揮望 | 2008年3月21日 (金) 01:16

☆得名揮望 さまへ☆
脚本家の先生がそう言っておられました
目からうろこが何枚か落ちてます

投稿: Yacky | 2008年3月22日 (土) 08:33

この記事へのコメントは終了しました。

« ぐがぁぁぁぁ | トップページ | 赤い靴日記~その5 »