« 殉教日記~その8 | トップページ | 殉教日記〜その10 »

2008年9月28日 (日)

殉教日記〜その9

お陰さまで本日の公演 殉教わらべ唄 無事に終了いたしました
怪我もなく終了できたこと スタッフの皆様に感謝です

さて恒例の2ショ写真 自己撮り連発 今回は男性キャスト編
5連発です どどどどどん

役人頭 役 小田 悟さん(右)
殉教日記〜9

吟味 役 持木 悠さん(右)
殉教日記〜9

モラレス神父 役 水野 賢司さん(右)
殉教日記〜9

村山等安 役 西本 裕行さん(そう 右)
殉教日記〜9

末次 平蔵 役 持木 弘 さん(あっ 右)
殉教日記〜9

小田さんはオペラ初出演だったそうです
年齢も近く お芝居の話とか気さくにしてくださいました
本番中は たった一人で舞台の事故を防いだ英雄なのです(裏話)

持木 悠さんはソリストデビューだったそうで
イケメンおやこ もとい兄弟の弟さん 稽古場から本番への
神がかりなステップアップを見せてくれました
素晴らしい努力と才能の若いつぼみは
今後 大輪の花を咲かせることでしょう(上から目線 すまぬ

水野さんは とある大学の先生でいつも多忙の人気者です
それもそのはず 稽古場では水野さんの周りはみんなニコニコ
笑顔が絶えないのです アラキサ~ン とイタリア訛りで僕を呼んでくれます
しかし舞台上では 聖職者としてのオーラをこれでもかと輝かせてます
こっちはタジタジです

西本さんは 人生の大先輩でございまして
稽古場からその存在感は そこに居るだけで周りを安心させ
一言セリフを喋れば聞きほれてしまいます
そのセリフ一語ごとに魂がこめられ 身体の芯まで揺さぶられました
ご一緒できたこと 光栄です 誇りです 人生の宝です

持木 弘さんは今回のオペラに推薦してくださった恩人です
(5月のマーマレイドタウン~でご一緒した時にお誘いいただきました)
普段から楽しく 優しく 稽古場でも公私ともに気遣いを忘れない方で
一歩舞台に出れば キリリと2枚目(今回は裏の主役 敵役)
その高音は 切なく 狂おしく 心に染み込んでくるのです
同じ舞台に再びたてたこと とっても嬉しく思いました
ちなみに 持木悠さんの お父 兄上でらっしゃいます

とりあえず写真だけup

|

« 殉教日記~その8 | トップページ | 殉教日記〜その10 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。